HOME > 部門紹介 > 放射線技術課

部門紹介
医療技術部
部署紹介
病棟紹介

放射線技術課のご紹介

main03

 私たち放射線技術課は、X線やγ(ガンマ)線のほか、超電磁石を利用して診断に適切な画像を提供している職場です。診療放射線技師として日々安全な放射線管理に努めています。また、患者さんや他部署の職員にも笑顔で接することをモットーとし、患者さんが安心して信頼のおける検査を受けられるよう診療放射線技師17名で取り組んでいます。

業務内容

一般撮影をはじめ、CT,MRI,血管内治療、結石破砕、乳房撮影、骨密度測定、核医学検査、放射線治療と多岐にわたっています。平成26年にはMRI装置(1,5T)とCT装置(80列)を更新し、予約待ち日数も少なくなり、いつでも撮影、検査できる体制を整えています。アナログからデジタルへ、フィルムからモニターへと時代と共に機器も進化し、変革の時代を迎えており、当院もPACSへの画像保管・管理を行っています。

主な使用器機

◆ 一般撮影装置 5台、乳房撮影装置 1台、泌尿器専用 1台、X線TV 2台、CT 2台、MRI 2台、血管撮影装置 2台、 結石破砕装置 1台、外科用イメージ 3台、ポータブル撮影装置 5台、 骨密度測定装置 1台

◆ ガンマカメラ1台 

◆ 放射線治療装置1台

X線検査の安全性

X線検査と聞くとなんとなく怖いと思う方は大勢いらっしゃいます。確かにX線の被曝には発がんの危険性があることは事実です。しかし、医療で使われるエックス線の量は極少量で、発がんの可能性はほとんどありません。逆に検査を受けることにより得られる利益のほうが何十倍も大きいのです。
X線以外にもタバコやお酒など健康を害するものが身の回りにはたくさんあります。それらと比べると検査によるX線のリスクは決して高くはないのです。

日本赤十字社 八戸赤十字病院

〒039-1104 青森県八戸市大字田面木字中明戸2番地

tel 0178-27-3111

個人情報の保護入札について

Copyright(C)2015 Hachinohe JRC Hospital. All rights reserved.


機能種別版 3rdG:Ver1.0